欧州の歳時記・リヨンからプラハへ。クリスマスマーケットの旅 8日間

●出発日:2018年12月10日
●旅行代金:278,000円+燃油料、空港税等
 ビジネスクラス席は320,000円のアップになります。
●ベテラン添乗員同行、食事(朝6・昼5・夕5)つき
●最少催行人員:8名様  
●3~4つ星クラスホテル利用
●欧州系航空会社利用
お陰様で18周年 旅行代金3%割引コース

主催:エアーワールド株式会社 観光庁長官登録旅行業第961号

★まずは当社までお電話ください。06-6920-5500

 
大  阪

リ ヨ ン
関空から欧州乗り継ぎリヨンに。
メルキュールリヨン シャンベルヌ クラスホテル2連泊。


リ ヨ ン 午前中リヨン散策(フルヴィエールの丘、旧市街、ベルクール広場)。 午後は有名菓子店(ベルナション、セーブまたは代替店)とカルノー広場(ベラーシュ駅の近く)のクリスマス市を楽しみます。 クリスマスマーケットはフランス語でマルシェ・ド・ノエル(Marché de noel)と呼ばれます。
シャレー(Chalet 小屋)の数は約140くらい。食べ物(冷やしたワインや温かいサイダー、塩漬けした肉、パン、魅力的なチーズ、 プラリネケーキ、ジンジャーブレッドケーキ、マカロン、ロースとカラメルナッツetc)に、クリスマス飾り、サントン人形など。


コルマール リヨンからアルザスワイン街道の都コルマールに移動。 昼食後、コルマールのクリスマスマーケットを見物。コルマールの5つの広場で開催されますが、ドミニ間広場やアンシアンヌ・ドアンヌ広場の小屋の数はそれぞれ100以上! 小屋からあふれ出る光の中を歩いてみるとアクセサリー、クリスマス装飾用品、昨今流行りの有機食品そしてお香なども売られています。 数々のクリスマスツリーに飾られたこのスケートリンクは眩い光に包まれます。市内又は近郊のメルキュール コルマール サントルクラス泊

リクヴィール
ストラスブール
アルザスワイン街道のリクヴィールに。中世の雰囲気を伝える木組みの家々が並ぶ村のクリスマスマーケットでは 伝統化し、木製のおもちゃ、陶器、アクセサリー、クリスマスの飾りが並び懐かしい雰囲気のマーケットが楽しめます。 午後、フランスのクリスマスマーケットの首都とも呼ばれるほど古くから盛んなストラスブールに(10箇所以上もマーケットがあります)。 試合中心部グラン・イル地区のシャーレー(小屋=屋台)は300もあります。ノートルダム聖堂近くのクリスマスマーケットにご案内します。
近郊のセブンホテル フィットネスクラス泊。


ストラスブール

ニュルンベルク
ストラスブールからニュルンベルクに。午後、欧州で最も華やかなクリスマスマーケットを見物。 クリスマスマーケットはドイツ語でヴァイナハツマルクトと呼ばれ、屋台はヒュッテと呼ばれます。 有名なニュルンベルクソーセージの屋台も多く、食欲をそそります。形に残るものであれば、グリューワイン(ホットワイン)の容器のマグカップも素敵です。
メルキュール ニュルンベルクホテル泊


プルゼニ
プラハ
国境を越えてチェコのプルゼニ(ビールの都)に。大きなクリスマスマーケットを見物と昼食。 手作り品やクリスマス・ジンジャー・パン、お菓子、熟したワイン等の屋台が出ています。 午後、プラハ着。プラハの大きなクリスマス市を見物。グリューワインやはちみつのお酒など当た滝飲み物を飲みながら、 屋台の料理を食べたり、クリスマス用のお買い物を楽しみましょう(プラハも応援スタッフを予定しています)。 NHプラハシティホテルクラス泊。

プラハ 欧州乗継便にて帰国の途に。機中泊

大  阪 無事関空着。