あなたの知らないもうひとつのヨーロッパの都会を旅しませんか
とっておきの名都を満喫!クラクフ、リヴィウとルブリン 8日間
●出発日:2017年(A)10月5日(B)10月26日
●旅行代金:298,000円+燃油料、空港税等
 ビジネスクラスは300,000円のアップになります。
●現地日本語ガイド同行、食事(朝6・昼4・夕4)つき
●最少催行人員:10名様        
●記載又は同クラスホテル利用
●関空発欧州系航空会社又はEK利用予定。
お陰様で17周年 旅行代金3%割引コース

☆この旅はシニア世代の方々に無理なくお楽しみいただけるルートです。
☆女性の一人参加も歓迎です。往路カバンの無料集荷もあります。
☆前後泊をご希望の方は、おひとり@3,500円(差額弊社負担)で、関空近辺に快適なホテルを確保します。
☆現地は秋のベスト・シーズンです。雨はほとんど降りません。
☆東京、福岡から空路関空でご参加の方は航空会社決定後、国内線追加料金をご案内します。

※関空発の欧州線は本数が少なく、事情によりエミレーツ航空(ドバイ経由)になった場合は、日程を1日長くして(出発日が1日早くなります)、旅行代金の変更はありません。

主催:エアーワールド株式会社 観光庁長官登録旅行業第961号

★まずは当社までお電話ください。06-6920-5500

 
10/5
10/26
(木)
大 阪
クラクフ
関空から欧州都市経由ポーランドのクラクフに。
夜着。ノボテル・シティ・ウェスト クラス2連泊。
東京、福岡地区の方は、後日、国内線のご案内(格安追加料金)をします。



10/6
10/27
(金)
クラクフ 終日ゆったりと世界遺産の都クラクフ観光。戦火を免れ、中世のままの街並みが現存する旧市街を散策。歴代ポーランド王の居城だったヴァヴェル城、大聖堂、旧王宮など。午後は自由散策時間もおとりします。

10/7
10/28
(土)
クラクフ

リヴィウ
国境を越えてウクライナの名都リヴィウ(ウクライナで最も評判の良い観光地・世界遺産)に。移動は約3時間30分。
午後、歴史地区を中心に市内観光。リノック広場、大聖堂、市庁舎、リヴィウ劇場、旧市街の人気のチョコレートファクトリーなど。
クラシックな趣のあるホテル ノビリスクラス2連泊。


10/8
10/29
(日)
リヴィウ
終日自由行動。オプショナルツアーをご希望の方は、郊外の野外博物館(広大な敷地の民俗建築と生活博物館)とリヴィウ散策(昼夕食付き:18,000円)にご案内します。休日の野外博物館はイベントがあります。リヴィウの旧市街もキャンディ売りの少女(民俗衣装)や、辻音楽等で楽しい雰囲気です。

10/9
10/30
(月)
ザモシチ

ルブリン
国境を越えて東ポーランドに入り、名都ザモシチ(旧市街・世界遺産)に。「ルネッサンスの真珠」と称えられる都を散策。夕刻キュリー夫人で有名な都ルブリン着。 宮殿風のグランドリュブリニアンカ クラス泊。

10/10
10/31
(火)
ルブリン

ワルシャワ
午前中城塞都市ルブリン観光。クラクフ門、2度のノーベル賞で有名なキュリー夫人像のあるマリー・キュリー大学等。
午後、美しい町ガジミエーシュ・ドルニーに立ち寄り、おとぎ話の中の村のように美しいルネッサンス建築村を散策。夕刻ワルシャワ着。 ノボテル セントリウム(高層建築ホテル)クラス泊。


10/11
11/1
(水)
ワルシャワ 朝の便にて、欧州都市乗継ぎ帰国の途に。機中泊。

10/12
11/2
(木)
大阪 無事関空着。