新ペルシア紀行・古代エラム王国からホール塩湖、キャビール砂漠、悠久の歴史遺産群&ラムホルモズの偉観  12日間
●出発日:2017年4月7日  
●旅行代金:438,000円+燃油料、空港税等
 ビジネスクラスは86,000円のアップになります。
●添乗員同行、食事(朝9・昼10・夕10)つき
●最少催行人員:6名様    2名様のお申し込みをいただいています。
●記載又は同クラス(4つ星ホテル利用・個室追加料金:96,000円)
●エミレーツ航空又は中東、アジア系航空会社利用予定。
 人気添乗員が同行。 

主催:エアーワールド株式会社 観光庁長官登録旅行業第961号
10の世界遺産と歴史遺跡、壮大な自然風景、親日的な人々・・・
見どころ満載のイランの旅

★パンフレットを請求し、内容をご確認の上、お申し込みください。

 
4/ 7
(金)
大  阪 深夜・大阪からエミレーツ航空便でドバイに。

4/ 8
(土)
ドバイ

テヘラン
早朝着後、乗り継いでイランのテヘラン(アライバルビザ取得)に。午前着。昼食(煮込み・アブグシュト料理)後、テヘラン観光。ゴレスタン宮殿(世界遺産)、イラン考古学博物館(紀元前6,000年からの歴史遺産・美術品等)を観光。フェルドーシクラスホテル泊。ホテル内レストランでクビデー料理(ミンチ肉ケバブ)。

4/ 9
(日)
テヘラン

ホール
テヘランから鉄道の旅(欧州人に人気.4時間半)快適なファーストクラスでアルダカーンに。
昼食後、キャビール砂漠のオアシスを観光しホール着。
バールクラスホテル泊。夕食はホテル。


4/10
(月)
ホール塩湖

ヤズド
幻想的なホール塩湖(写真撮影に人気)や、キャビール砂漠の雄大な風景を楽しみながらバヤゼー村訪問(ナツメヤシ農園等見物)。ローカルレストランで昼食。夕刻砂漠の中の古都ヤズド着。
ガーデン・モシールクラス泊。


4/11
(火)
ヤズド

シーラーズ
午前中ヤズド観光。世界最古の宗教と言われるゾロアスター教の寺院、ジャメモスク、沈黙の塔(ゾロアスター教の鳥葬場)など。
午後は世界遺産のパサルガダエ遺跡を見物後、ザグロス山中の高原都市シーラーズ(標高1,500m)着。パルスクラスホテル2連泊。夕食はホテル内レストランで魚のケバブ。


4/12
(水)
ペルセポリス

シーラーズ
イラン観光のハイライトペルセポリス遺跡(世界遺産)観光。紀元前512年から同331年アレキサンダー大王に陥落されるまで、エジプトからインドまでを影響下に置いた「ペルシア人の都」です。ナグシェロスタム遺跡、ローズモスク、ハムゼ廟など。

4/13
(木)
ラムホルモズ

アフワーズ
シーラーズからアフワーズに移動。道中でビシャプール遺跡、タンゲ・チョガンの岩絵(ササン朝時代の見事なレリーフ)、岩塩の山や、ラムホルモズ近郊の炎の山(山鹿が炎に包まれている景色・世界屈指の産油地帯)等。まさに偉観と呼ばれる見どころです。
夕刻アフワーズ着。パーズクラスホテル2連泊。



4/14
(金)
アフワーズ
かつてエラム王国(紀元前2,700年頃から2,000年位続いたとされる)の都だったスーサに。チョガザンビル遺跡(世界遺産)、スーサ遺跡(世界遺産・貿易都市として栄える)や、現在も利用されている古代水利施設があるシューシュタル(世界遺産)を見物。


 9 4/15
(土)
アフワーズ

イスファハン
アフワーズから名都イスファハン(イランで最も人気の観光地)へ移動。道中でイーゼ(紀元前7~8世紀の浮彫、碑文、礼拝所遺跡等)観光。
夕刻「イランの真珠」と称えられる名都イスファハン着。サフィルクラスホテル2連泊。夕食はホテル。


 10 4/16
(日)
イスファハン 終日イスファハン観光。ジャメモスク(金曜のモスク:世界遺産 1,000年を経ても素晴らしいペルシア様式建築)、スィー・オ・セ橋(311m 1,602年建造)、チェヘル・ソトゥーン宮殿:世界遺産 美しい庭園と40柱の宮殿)昼食後、「世界の半分がここにある」と言われたイマーム広場(世界遺産)、アリガプ宮殿、イマームモスク、マスジェデ・シェイフ・ロトフォッラー、にぎやかなバザール、ライトアップされたイマーム広場など。  



 11 4/17
(月)
カーシャーン

テヘラン
キャルキャス山麓のアブヤーネ村(標高2,200m)を訪ね1,600年の歴史を持つ伝統家屋を見物。当地の女性住民は白地に赤のバラ模様スカーフをしています。昼食後、カーシャーンのフィン・ガーデン(世界遺産)を見物。夕食後空港に。夜のエミレーツ航空でドバイ経由帰国の途に。機中泊。


12
 
 4/18
(火)
ドバイ
大  阪 
 夕刻、無事関空着。  機