バレスアス諸島の名景とバレンシアの火祭り  12日間
●出発日:2017年3月11日  
●旅行代金:588,000円+燃油料、空港税等
 ビジネスクラスは96,000円のアップになります。
●添乗員同行、食事(朝10・昼9・夕9)つき
●最少催行人員:8名様    2名様のお申し込みをいただいています。
●記載又は同クラス(4つ星ホテル利用・個室追加料金:96,000円)
●関空発欧州系航空会社利用予定。
 人気添乗員が同行。 

主催:エアーワールド株式会社 観光庁長官登録旅行業第961号

★パンフレットを請求し、内容をご確認の上、お申し込みください。

 
3/11
(土)
大  阪
マドリード
大阪から欧州乗り継ぎマドリードに。着後ホテルへ。
4つ星クラス泊。


3/12
(日)
マドリード
マヨルカ島
午前便でマヨルカ島に。着後観光。壮麗なカテドラル(13世紀から400年をかけて建造:世界遺産)、アルムダイナ宮殿(外観)、ベルベル城跡(丘の上の城跡から、素晴らしいパノラマ)、ミロ美術館等。4つ星クラスに2連泊。

3/13
(月)
マヨルカ島 ソーリェル鉄道の旅。トラムンタナ山脈(文化的景観・世界遺産)を越えて、北の港町ソーリェルに至る登山鉄道。20世紀初頭の古い電車です。着後、芸術家村ディアから近郊の観光とパノラミックドライブ。バルデモサ村(ショパンとジョルジュサンドの逃避行で有名な)のカルトゥハ修道院を見物。

3/14
(火)
マヨルカ島

イビサ島
ドラック鍾乳洞に。世界最大クラスの地下湖(マルテル湖)でボートに乗ってドラマチックな演出を楽しみます。午後はパルマの旧市街散策。
夕刻のフェリーでイビサ島着。4つ星クラス2連泊。


3/15
(水)
イビサ島
イゾラ・ブランカ(Isola Blanca 白い島)と呼ばれるイビサ(島全体が世界遺産)観光。近郊の町タラマンカからイビサの眺望、復元された粉ひき風車、大聖堂、絵画的なサ・ペニャ(Sa Penya 白い迷路のような場所)地区など。

3/16
(木)
イビサ島

バレンシア
この島で発掘されたカルタゴ時代の芸術品を展示した考古学博物館を見物。
午後フェリーでバレンシアに。火祭りに沸くバレンシア又は近郊のホテルに4連泊。


3/17
(金)
バレンシア 近郊のサンホセの洞窟(世界遺産)観光に。小舟に乗って地下河川(洞窟内岩絵)や景観等を楽しみます。午後、近郊内陸部の孤立した町テルエルのムデハル様式(イスラムとキリスト教文化の融合)建築等を楽しみます。帰路はコリンズ社のパノラミックルート。


3/18
(土)
バレンシア
2日間にわたりバレンシアの火祭り(=サン・ホセの火祭り。世界最大火祭り)を見物。今日は人形の山車や、中世の美しい衣装着た人々のパレードが見どころ。バレンシア市内観光も楽しみます。


 9 3/19
(日)
バレンシア 日中は闘牛見物(この時期から始まる)他にご案内します。
夜は、1年がかりで造られたファヤ(張子人形)に容赦なく火が放たれます。日付が変わった深夜の1時頃市庁舎前広場の巨大なファヤの燃え上がるさま(花火も打ち上げられてクライマックス)に熱狂します。このお祭りが終わると春が訪れるとされています。


 10 3/20
(月)
バレンシア
タラゴナ
バルセロナ
少し遅い朝食後、バルセロナに移動。約4時間途中景勝地ペニスコラ、タラゴナのローマ時代の遺跡(世界遺産)を見物します。
バルセロナの4つ星クラス泊。


 11 3/21
(火)
バルセロナ 欧州乗り継ぎ帰国の途に。機中泊。


12
 
 3/22
(水)
大  阪   無事関空着。  機