新ミャンマー周遊   10日間
●出発日:2017年2月21日  
●旅行代金:348,000円+燃油料、空港税等
 ビジネスクラスは160,000円のアップになります。
●添乗員同行、食事(朝9・昼8・夕8)つき
●最少催行人員:8名様  
●記載又は同クラス(3~4つ星ホテル利用・個室追加料金:76,000円)
●タイ航空利用予定。


●この旅はシニア世代の方々に、無理なくお楽しみいただけるルートです。 女性の一人参加も歓迎です。
●関空より出発がご不便な方は、現地又は乗り継ぎ空港で合流も可能です。
●前後泊をご希望の方は、おひとり@3,500円(差額弊社負担)で、関空近辺に快適なホテルを確保します。 旅なれたお客様は現地合流も可能です。
●少人数様の旅です。 陽気な旅仲間が集います。

主催:エアーワールド株式会社 観光庁長官登録旅行業第961号

★パンフレットを請求し、内容をご確認の上、お申し込みください。

 
2/21
(火)
大  阪
ヤンゴン
大阪からタイ航空でバンコク乗継ぎ、ヤンゴンに。
着後ホテルへ。快適なカンドジーパレス、パークロイヤルクラスホテル泊。夕食はホテルにて。


2/22
(水)
バガン 午前便にてバガンに。昼食後、近郊のミンナントゥ村に。パヤトンズ寺院(3つの寺院の意)、白いレイメトゥナ寺院、シュビシン、タンプラ寺院(内部にフレスコ画)を訪ねたり、ビルマ漆器の製品を製造している店を訪ねます。
趣のあるタラバーゲートクラス2連泊。


2/23
(木)
サレー

バガン
終日バガン遺跡を観光。世界屈指の仏教遺跡寺院群を訪ねます。シュェジゴンパゴダ、ピタカタイ(三蔵経庫裡・さんぞうきょうくり)、アーナンダ寺院、シュェサンドーパゴダ等たくさんの見どころがあります。夕刻エーヤワディ(イラワジ)河畔から世界3大仏教遺跡といわれるバガンの夕景を楽しむサンセットクルーズの後、ホテルにて夕食。

2/24
(金)
マンダレー
午前便にてマンダレーに。マンダレーヒルからの眺望、マハムニパゴダ(マンダレーで最も重要な仏塔)、繊細なレリーフが施されたシュエナンドー寺院、黄金に輝くクドードォパゴダ、広大な旧王宮観光後、絹織物の工房も訪ねます。ルパーマンダラーホテルクラス2連泊。 夕食は中華料理。

2/25
(土)
インワ
ザガイン
アマラプラ
マンダレー
近郊のかつて王都だった3つの町を巡ります。ザガイン昼頂上の黄金のパゴダ、インワの遺跡ではマハーアウンミェ僧院、バガヤー僧院等。アマラプラの世界一長い木造橋(約1.2キロ ウーペイン橋)や、チャウットージーパゴダなど。午後早くマンダレー帰着。ホテルでゆっくりとくつろぎます。

2/26
(日)
ヘーホー

インレー湖
空路マンダレーからヘーホーに。着後、インレー湖観光に。小型のスピードボートでインダー族の片足で漕ぐ漁師風景、浮島の水上生活風景、水上菜園、伝統織物の工房、猫の輪くぐりで知られるガーペーチャン僧院等を見物。湖畔のセレニティリゾートクラス泊。

2/27
(月)
チャイティーヨー 空路ヤンゴンに戻り、チャイティーヨー山麓のキンプン村に。トラックバス(日本製のトラックに詰め込み乗車)に乗り継いで40分ゴールデンロックホテル着。ここから徒歩で約1時間落ちそうで落ちないゴールデンロック(金色の岩)を見物。
ゴールデンロックホテル(当地区のみ3つ星)泊。



2/28
(火)
バゴー

ヤンゴン
古都バゴーに。ミャンマーで最も高いシュエモードパゴダ、小説ビルマの竪琴で有名なシュエターリャウンパゴダの巨大な寝釈迦像、チャイプーンパゴダ等を見物。
到着日と同じホテルクラス泊。



 9 3/ 1
(水)
ヤンゴン ヤンゴン観光。黄金仏塔シュエダゴンパゴダ、チュタッジーパゴダ、ボージョーマーケット(約2,000に及ぶ店々)、車窓からの市内風景等。有名な占い体験等をお楽しみいただきます。
少し早い夕食の後、バンコク乗り継ぎ帰国の途に。機中泊。


 10 3/ 2
(木)
大  阪 朝無事大阪着。